M社様:SAP(FITS)導入による基幹システムの一元化

 < 卸売業 >

・二重管理させていた基幹システムをSAP(FITS)の資産を有効活用することにより基幹システムの一元化を実現
・導入分野 : 販売管理/在庫購買管理/財務会計/管理会計、受発注画面のWEB化

導入の背景

  基幹システムの二重管理、投資からの脱却

  ・ランニングコストの削減

  ・データ整合性維持に対する運用的負荷の軽減

  ・正確な情報把握

SAP及び弊社選択の理由

 1.親会社がSAPシステムを導入しており、グループとして基幹システムの統一

   ・機能(資産)の共有化

   ・イニシャルコストの抑制

   ・経営レポートのリアルタイム把握

 2.FITS(SAPテンプレート)資産の有効活用

 3.短期間、低コストでの導入実績

導入効果

 ・マスタの一元管理

 ・システム間での整合を保つ作業がなくなった

 ・正確な売上原価管理の実現

 ・移動平均原価管理から個別原価管理へ原価管理方針を移行し、取引毎の正確な収支管理を実現

 ・出荷基準での売上計上の実現

 ・バッチ処理の都合上、出荷日+1日の日付で売上実施をあるべき姿に移行

menu