お客様目線で考え
 お客様企業の成長と成功をお手伝いさせていただきます!

この10年、企業を取り巻く環境は大きく変化しています。
サブプライムローン問題を発端にしたリーマンショックによる景気の悪化、中国の台頭や欧州経済危機等々、グローバル化の波が一気に押し寄せ、企業が成長するためには、国内需要を前提とした企業経営では先が見えない状況が続いています。
その中で、情報システムの役割は益々重要になってきており、 お客様の期待や要望も常に変化してきています。

当社は、2005年4月の創業から10年以上、「お客様目線で考える会社」として、活動してまいりました。
創業当初はSAPソリューションに特化したサービスを提供してきましたが、ここ数年は、中小企業様向けのオープンソースERP導入サービスや、セールスフォース社のクラウドサービスのご提案等々、お客様のニーズにマッチしたソリューションラインナップも充実してきております。
お客様目線で考え、お客様企業の成長と成功のお手伝いをさせていただく会社として、 パートナー各社とも連携し、顧客満足度の更なる向上を目指してまいります。

今後とも皆様のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

緑屋情報システム株式会社
取締役社長 武井 克浩

会社名
緑屋情報システム株式会社
英名)Midoriya Information Systems Co.,Ltd(MIS)
所在地
〒101-0052
東京都千代田区神田小川町3丁目6-1
(栄信ビル9F)
連絡先
TEL : 03-3518-0440 FAX : 03-3518-0445
設立
平成17年4月1日(2005年)
資本金
5,000万円
事業概要
1. ERPシステム提案・導入サービス
  ・SAP ERP
  ・ReCent-EBO ReCent-EPM ReCent-HRM
  ・iDempiere
2. Salesforce提案・導入サービス
3. 業務改革・システム改革の立案とコンサルテーション
代表者

取締役社長

武井 克浩

顧問
弁護士 湊 信明
社員数
20 名(協力会社含め約50名)
取引銀行
みずほ銀行 銀座支店
関連会社
緑屋電気株式会社
緑屋テクノ株式会社
エム・エー・ジェー株式会社
エムテイーシー株式会社
緑屋電気KOREA株式会社
緑屋電気(香港)有限公司
緑屋信息技術(上海)有限公司

環境宣言

緑屋電気グループは、環境との調和を念頭に、環境マネジメントシステムISO14001を事業活動に取り入れ、全従業員が環境問題に積極的に参画し、環境負荷低減と地球環境保全に努め、社会に貢献してゆく事により、全てのユーザー及びメーカーへ環境性能の高い製品・技術・サービスを提供いたすことを目標とします。

国際標準規格ISO14001認証取得

環境マネジメントシステムISO14001を実践する事が、緑屋電気グループの「永続的繁栄」に大きく寄与するものと確信し、継続的な活動を推進いたした結果、2003年3月27日ISO14001の認証を取得いたしました。

環境方針

緑屋電気グループは、環境問題を経営の重要課題の一つとして位置づけ、グループが取扱う製品(電気・電子機器等関連)の販売及びこれに係わる事業活動を通し、以下の方針のもとに地球温暖化防止及び地球環境の保全に貢献する。

 1)環境マネジメントシステムを構築し、
   その継続的改善により地球環境の汚染・破壊の予防及び環境保護に努める。

  2)環境側面に適用可能な法的及びグループが同意したその他要求事項を順守する。

  3)業務の効率化、無駄の排除を徹底するなかで、具体的な環境目的・目標を設定し、
   省資源、省エネルギー、リサイクルの促進、廃棄物の減量化、
   環境に配慮した商品販売の推進、成果の向上を図る。

登録情報

審査登録機関
日本検査キューエイ株式会社(JICQA)
登録番号
E609
登録範囲
緑屋電気株式会社 全拠点
緑屋テクノ株式会社 全拠点
緑屋設備機器株式会社 エム・エー・ジェー
株式会社 エムテイーシー株式会社
緑屋興産株式会社
緑屋情報システム株式会社

 緑屋情報システム株式会社(以下、「弊社」といいます)は、個人情報保護に関する日本の法令及び関係法令を遵守します。
  また、個人情報の適切な取扱いについて、弊社の役員、従業員に対し必要な教育・啓発活動を行い、徹底を図っています。お客様からご提供いただいた個人情報を、適切かつ慎重に管理することが弊社の社会的責務であると考え、取り扱う個人情報の漏えい、き損の防止、その他データの安全管理のため、技術及び管理の面から適切な情報セキュリティ対策を講じてまいります。

個人情報保護方針

  1. ご提供いただく個人情報は、弊社の商品、サービス等を改良・向上させるため及び有用な情報をお伝えするために利用します。
  2. お客様から個人情報をご提供いただく場合、利用目的と利用範囲をあらかじめお知らせします。
  3. 原則として、お客様の個人情報は第三者には開示しません。
  4. お客様の個人情報は厳重に管理し、不正アクセス、紛失、漏えい、改ざん等を防止するための適切かつ合理的な安全措置を実施します。
  5. お客様が、ご提供された個人情報の確認、変更、訂正、削除等を希望される場合は、個人情報を登録されたウェブサイトの管理責任者にお問い合せいただければ、適切に対応いたします。

目的

 緑屋情報システム株式会社(以下、「当社」という)は、情報システムの構築やコンサルテーションを通じて、お客様企業の継続と成長をお手伝いさせていただいております。そして、様々なお客様の企業情報や個人情報を取得・管理しております。これらの事業活動を行ううえで、当社とお客様との信頼関係が重要であることを認識しております。
 今後も当社がお客様との信頼関係を保持し、さらなる事業努力により、より良いサービスを提供するために、当社が取扱う情報資産に適切な安全対策を実施し、紛失・盗難・不正使用など様々な脅威から確実に保護しなければなりません。
 そのためには、物理的・環境的・技術的なセキュリティの具体的対策ともに経営者・社員ともどもセキュリティに対して高い意識を持ち、セキュリティを尊重して行動を取ることが求められます。
 ここに「情報セキュリティ基本方針」を定め、当社が取扱う情報資産の適切な保護方針を実施するための指針とします。

実施事項

  1. 当社が取扱うすべての情報資産の「機密性」「完全性」及び「可用性」を確保し維持します。
  2. 上記 1.を維持・管理するため、情報セキュリティ運営体制を確立します。
  3. 規制及び法律の要求事項に対して違反しません。
  4. リスクを評価する基準及びリスクアセスメントの構造を確立します。
  5. リスクアセスメントで明確になった情報セキュリティ対策を講じます。
  6. 情報セキュリティの教育・訓練を全従業員に対して定期的に実施します。
  7. 情報セキュリティの事故・事故・違反等があった場合は、速やかに対応します。

責任と義務及び罰則

 当社は、本基本方針を維持するために策定された手順に従い、情報セキュリティに対する事故及び弱点を報告する責任を有し、お客様情報をはじめ、当社が取扱うすべての情報資産の保護を危うくする行為を行なった者は、就業規則および法令等に従い処分を行ないます。

定期的な見直し

 情報セキュリティマネジメントシステムの見直しは、定期的に実施し、継続的に改善していきます。

2010年12月1日
緑屋情報システム株式会社
取締役社長 武井 克浩

 

国際標準規格ISO27001認証取得

当社は、国際規格である「ISO/IEC27001:2005 / JIS Q 27001:2006 」の認証を2011年2月5日付けで、取得致しました。

top ANABtop bsitop ISMS

IS 567053 / ISO 27001 : 2013


登録情報

審査登録機関
BSI グループジャパン株式会社
登録番号
IS 567053
規格
ISO/IEC 27001:2013
JIS Q 27001:2014
登録範囲
システム構築・保守
特定労働者派遣事業

緑屋電気株式会社

エレクトロニクス分野での活動を通じて快適で豊かな社会の発展に貢献致します。

【 事業内容】
半導体デバイス、電子機器、システム機器の取り扱いと国際業務
情報・産業用機器、セミカスタムLSI等の開発・設計、技術サポート

 

緑屋テクノ株式会社

製造業や社会システム領域における生産性、安全性、保全効果、設備資産の継続性、そして環境に優しい又省資源化など21世紀型企業課題の解決に貢献すべくお得意様とのベストソリューションパートナーを目指してまいります。

【 事業内容】
オムロン産業用制御機器・システム機器・ファームウェア・ソフトウェアの販売 、オムロン民生用制御部品、機器部品の販売 、FA・社会システムなどの制御等 ソフトウェアの開発および関連ネットワークの構築支援、電子部品の販売

 

緑屋設備機器株式会社

ビル管理機器や鉄道会社への設備機器の販売に特化するために、緑屋電気から独立した積極的活動を推進しています。
空調機器、照明機器、昇降機等の設備機器の販売

 

エム・エー・ジェー株式会社

世界を舞台にするワールド・トレーディング・カンパニーとして、商用事業から宇宙開発事業までの商品をお届けしています。
民生用、航空宇宙、ミリタリー製品として「SPECTRUM MICROWAVE INC」「MICRO-COAX社」、「MICRO-COAX社」の発信器、ミキサー、アンプ、
フィルター製品群、ITT社製操作用スイッチおよびAAVID社製ヒートシンク(放熱器)、SPORLAN社、TEMPRITE社、MENNEKES社の冷熱部品を扱い、セキュリティではイスラエルのマガール社、カナダのセンスターステラー社の屋外侵入検知器、米国リコグニッションシステムズ社の掌形判別器を本国内のお客様に供給させていただいております。

 

エムテイーシー株式会社

半導体に於ける最終テスト工程の受託会社として設立し、LSIの最新テスタによる検査業務を展開しています。半導体メーカのLSIテスティングの為、柔軟な対応と検査品質で得意先の信頼を得ています。

 

トレック・ジャパン株式会社

複写機やレーザープリンタに代表される電子写真産業において欠かすことのできない表面電位を高精度で測定する表面電位計があります。米国トレック・インコーポレーテッドはこの分野における世界のトップメーカーで、電子写真産業発展の一翼を担っています。

【事業内容】
表面電位計、高圧電源装置、静電気計測器、チャージプレートモニター販売等

 

緑屋電気KOREA株式会社

2001年2月の設立以来緑屋電気グループの韓国における重要な販売拠点として、
最新の情報技術を駆使したサービスを積極的に展開してまいりました。

【事業内容】
東芝半導体、及び各日系メーカの半導体販売 等

 

緑屋電気(香港)有限公司

緑屋電気グループの香港・中国における重要な販売拠点として、半導体及び部品販売、アッセンブリ対応などの事業を日系メーカ様に積極的に展開してまいりました。

【事業内容】
東芝半導体、電子部品、ハードディスク等の周辺機器、アセンブル商品の販売

 

緑屋信息技術(上海)有限公司

緑屋電気グループの中国における第三の重要な販売拠点として、半導体及び部品販売などの事業を日系メーカ様に積極的に展開してまいりました。

【事業内容】
東芝半導体の販売

 

日本緑屋株式会社 大連代表処

緑屋電気グループの中国における第二の重要な販売拠点として、
半導体及び部品販売などの事業を日系メーカ様に密着して展開してまいりました。

【事業内容】
マイコンを主とした東芝半導体等の販売、電池の販売

menu