M社様:複数部門の情報見える化

 < 建設業 >

業務完了までに営業部門から現場部門まで複数部門が関与する中、EXCELでの情報連携によるミスや情報劣化をシステムにて解決。

導入の理由

・1契約の完了までに営業部門から設計部門、現場部門や管理部門など複数の部門が同じ情報を共有しながら作業していく中、情報連携が出来ていなかったため必要な情報が必要なタイミングで得ることができなかった。
・前工程部門の現状などが見えていないため、自部門の作業開始タイミングが見えていなかった。
・1契約に紐付く収支を把握するのに1ヶ月遅れで基幹システムより抽出するしかなかった。

導入効果

・営業情報の取込により、関連部門に自動展開されるため情報の劣化が無く必要な情報が閲覧可能に。
・各部門の更新情報を共有する事が可能なため、自部門のスケジュールを容易に計画立てることができた。
・協力会社に対しても情報共有する事が出来たため、自社のみならず他社絡めて効果を共有できた。

menu