ReCent

ReCent (リーセント)シリーズは、ローリーコンサルティングが独自に開発した、予算管理・経営計画システム「ReCent-EPM」、基幹業務システム「ReCent-EBO」、人事管理システム「ReCent-HRM」の3つから構成されている、業務システムパッケージです。
ローリーコンサルティングは20年以上に渡り、破綻の危機に直面する大手企業のファイアープロジェクトを数多く立て直してきましたが、そのノウハウを投入し、日本の中堅以上の組織が必要とする標準機能と、カスタマイズが容易なアーキテクチャとを、ReCentシリーズに実装しました。
ReCentシリーズを利用することで、スクラッチ開発よりも「高機能」はもちろんのこと、「短期間」「低費用」「低リスク」にて開発が行えます。

ReCentとは

ReCent-EBOは、ローリーコンサルティング社が、20年以上の大規模システム開発プロジェクトにおける経験を元に開発した本格的ERPシステムです。

大企業レベルの業務に必要な標準機能、カスタマイズの容易性、従来にない低価格を特長としておりますので、今まで高コストや機能不足のために基幹業務システムの導入を諦めていた中規模以下の企業・組織のみなさまに、国内・海外を問わず、安心してご利用いただけます。

ReCent-HRM

ReCent-HRMは企業・組織で必要とされる人事関連業務(社員情報管理、給与管理、立替経費精算、人事考課)を網羅する、統合人事ソリューションパッケージです。
多種多様な人事制度に対応すべく、高い柔軟性持たせる思想で製品を開発しておりますので、大企業で求められる複雑・多様な業務にも、カスタマイズにより十分対応いたします。
ReCent-EBOはもちろん、他社のERP、販売、会計システムとの連携も可能です。

ReCent-EPM

ReCent-EPMは、予算管理・経営管理における適正なPDCAサイクルを確立するためのWebシステムです。予算作成から執行管理、中長期経営計画の策定まで、トータルなソリューションを提供いたします。

まず、予算作成における強力なサポートシステムとなっており、予算作成作業の大幅な工数削減効果が得られます。
予算作成は、Webブラウザから入力、データをインポート、既存の予算実績をコピーすることで効率化され、予算管理部門では集計作業の必要がなくなります。Excelのみによる非効率的でミスの多い予算作成から脱却できます。
予算化の対象は、販売、利益、原価、販管費、損益、投資、資金と広範囲に渡りますので、部分的な予算管理ではなく、会社全体を網羅した経営管理を、業務システムとして実現します。

実績データの取込は、Webブラウザから直接入力、インポート、インターフェースによる取込ができます。実績データのキーを予算と合わせることで、予算対実績、実績対実績、ドリルダウン分析など、様々な切り口での予算管理が可能となります。

ま た、予算と実績の差異の閾値や、経営指標に関する基準値を設定することにより、閾値・基準値を超えた場合に業務上とるべき行動を指示・提案する 『ビジネスアラート』 を自動出力します。ReCent-EPMにより、問題状況への迅速な対応が、全社統一の基準で、システム的に可能となります。

さらに、経営管理上重要な、会社全体での資金管理、投資管理、損益分岐点分析も行えるようになっており、シミュレーションや上記のアラートも可能です。

menu